風情あふれる城下町と心のこもった京風会席料理が自慢。金谷山公園の程近くにひっそりと佇む割烹旅館。
専務兼料理長が腕をふるって作る上品な京風会席料理は絶品。
坪庭付や足下を錦鯉が泳ぐ和の趣向を凝らした客室も人気の一つである。
 
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2016.02.26 Friday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - |
    お料理
    0


      新潟はまだまだ寒いですが、徐々に春が近づいてまいりましたね。
      当館では四季折々の会席料理を月替わりで更新しております。高田の四季の美しさや、風情をお料理でも目で見て食べて感じていただこうと日々精進させていただいております。
      フェイスブックでも季節ごとのお料理写真を公開しておりますので是非ご覧下さいませ。
      https://www.facebook.com/%E6%99%B4%E5%B1%B1%E8%8D%98-362831630467919/
      【2016.02.26 Friday 12:57】 author : 小菅 雅晴
      | お料理 | comments(0) | - | - |
      高田観桜会2016
      0

        ついに今年も近づいてまいりましたね。そう、高田の一大イベント 『観桜会』です。
        今年は暖冬のせいか例年よりも開花の見込みが早いようで4月の1日からの開催となっています。
        当館でもこの時期はとても人気が集中いたしまして、三ヶ月以上前から満室が出るなど、小さな宿ですのでお客様には大変ご迷惑をおかけいたしております。
        平日などでまだまだ空きもございますし、キャンセルが出る事もありますので、お気軽にお問い合わせください。
        お客様のご来館心よりお待ち申し上げます。
        【2016.02.26 Friday 12:40】 author : 小菅 雅晴
        | - | comments(0) | - | - |
        なごり雪
        0

          ご無沙汰しております。皆様いかがお過ごしでしょうか?雪国高田としては、今年の冬は雪が少なく過ごしやすかったですね。
          県外の雪の降らない地域のお客様から良く『幻想的で羨ましい。』ですとか、『雪の真っ白な絨毯の上を車で走ってみたいわぁ』というようなお言葉を伺いますが住んでいる者からすると、とんでもない!!
          降り積もれば雪かきや雪下ろしに追われ、外出には車を出すのにも一苦労。車を掘り出せたとしても、道路は除雪がしてあってもガタガタとしていて、速度も出せず、もちろん事故率も上がります。ですが、無かったら無いで風情がなく寂しいもの。そんな切っては切れない関係ですよね。
          当館でも当然お客様の足元を汚さぬよう。また車の出し入れがスムーズに出来るように雪が降り積もった朝はお客様が起きる前の早朝から駐車場や除雪や雪かきをしております。ですので、まだ降雪がありますが、お車でも安心してご来館くださいませ。
          【2016.02.26 Friday 12:01】 author : 小菅 雅晴
          | その他  | comments(0) | - | - |
          祝 北陸新幹線開通
          0

            ついに上越妙高駅に新幹線がやってきましたね!開業イベントでは小林幸子さんがいらっしゃったこともあり、二日間で予想をはるかに上回る来場8万5千人を記録したそうです。
            当館からも車で約10分弱と近い距離にありますので、東京からも2時間、長野からなら30分足らずでのご来館が可能となりました。
            その影響か今年の高田の観桜会も予約でほぼ部屋が埋まっている状況です。当館は小さな旅館でございますので、せっかくご予約のお問い合わせを頂いても満室でお断りさせて頂くこともあります。申し訳ございません。
            まだ平日には空きもございますのでお気軽にご連絡くださいませ!
            新しい新幹線に乗っての旅の素敵な思い出作りのお手伝いができれば幸いです。皆様のご来館心よりお待ちいたしております。
            【2015.03.18 Wednesday 16:52】 author : 小菅 雅晴
            | 上越イベント情報 | comments(0) | - | - |
            当館の看板娘
            0
              iPhoneImage.png
              本日は当館の看板娘を紹介致します。名前はチャッピーと申します。
              さて、冗談はさておき。
              この気持ちのよさそうな顔で眠っている猫ですが、うちの飼い猫でございます。
              メスの三毛猫で生まれながらに鼻が悪いのでふがふが鼻を鳴らして歩くのが特徴的です。
              十年程まえでしょうか?我が家に拾われて参りました。
              私はその頃京都に修行にでていたので、実家には居なかったわけですが後に聞いた話だと、猫が好きな女将がこの子を拾って来て飼うと言ったとき社長は『食べ物屋で猫を飼うなんてもってのほかだ』と大反対したそうです・まあ、当たり前といえば当たり前ですよね?ですが、今となっては一番愛情たっぷりに可愛がっているのは社長本人です。
              この子はキャットフードしか口にせず、人間の食べ物には全く無関心なのでそちらは心配が要らないのは助かります。
              ただですね、とても人懐っこくい性格上人がいないと寂しくなってあちらこちらにお邪魔してしまうのが難点なのです。
              気が付いたら宴会場の椅子に座っていたり…玄関でお客様のお出迎えをしたり…お部屋に遊びに行ってしまったり…まったく困ったものです。
              お客様にはご迷惑をおかけいたしております。見かけた際はどうか暖かい目で見てくださると幸いです。
              ですが、やはり心の温かいお客様が多いので、チャッピーはお客様にも大人気になりました。
              『今日はチャッピーいないんですか?』『チャッピーに会いたい』とおっしゃってくださるチャッピーファンのお客様もいらっしゃります。ご家族でご来館のお客様にはお子様が『猫どこー?』と探していて連れて来てあげることも。
              時に猫の苦手なお客様やアレルギーの方などもいらっしゃるので、その辺りは粗相のないように心がけたいと思います。
              どうぞ、うちの看板娘に会いにいらしてください。チャッピー共々ご来館お待ちいたしております。
              また当館ではゲージに入る程度の小型のペットであれば一緒に宿泊が可能になっております。ペット同伴でご宿泊の際には当館へ気軽にご連絡下さいませ。





               
              【2015.01.15 Thursday 18:25】 author : 小菅 雅晴
              | - | comments(0) | - | - |
              レルヒ祭2015
              0
                iPhoneImage.png
                ついに来ましたね!レルヒ祭
                今年は少し早まって1月31日と2月1日です。
                一昨年くらいから雪上の花火や有名なゲストを迎えての野外ライブなど若者にも楽しめるコンテンツが増えましたね。
                もちろん、お子様用のボード。スノーモービル体験やたいまつを使ったゲレンデ滑走や一本杖の講習など、大人から子供まで楽しめるイベントとなっています。
                年々グレードアップしているレルヒ祭今年も楽しみですね。
                私も祭りごとのときは当然お客様も増えるのでなかなか足を運べないのですが、目と鼻の先でのイベントですので時間があれば覗きに行きたいと思っています。
                 
                【2015.01.15 Thursday 17:38】 author : 小菅 雅晴
                | 上越イベント情報 | comments(0) | - | - |
                あけましておめでとうございます
                0
                  iPhoneImage.png
                  遅ればせながら謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。
                  昨年は早くから雪が降り雪害の警戒をされていた方も多いのではないでしょうか?こちらでは思っていた程でもなく少し胸を撫で下ろした次第です。
                  御節の画像を載せましたが、今御節は販売致しておりません。
                  昔配達もしていたそうなのですが、コストなどのバランスを考えたときに採算を取るのが難しいということもあり辞めてしまったということです。
                  ですので、画像の御節は今年のお正月家庭用に作らせていただいたものです。
                  1月のお料理はミニ御節をイメージした八寸や白味噌を使用した雑煮椀を提供しています。

                   
                  【2015.01.15 Thursday 16:25】 author : 小菅 雅晴
                  | その他  | comments(0) | - | - |
                  オクトーバー・フェスト2014 in はすまつり
                  0


                    毎年高田公園で開催されているはす祭りですが、
                    その中でも近年始まった企画でオクトーバーフェストが開催されます。
                    元々はドイツのビールのお祭りということでもちろんドイツビールやソーセージ、ポテトなども各種いただけるようですが、
                    地元の居酒屋や飲食店の出店もあり、賑やかなイベントとなりそうですね!
                    それだけではなく、なんと200食無料のフードサービスや無料で気球に乗れるというサービスもあるようです。
                    太っ腹ですね。是非皆様もビールやおいしいものたくさん食べてお腹も太っ腹になってしまいましょう!
                    私も参加したいすごく楽しみなイベントです。




                     
                    【2014.07.11 Friday 15:45】 author : 小菅 雅晴
                    | 上越イベント情報 | comments(0) | - | - |
                    七夕
                    0
                      iPhoneImage.png
                      iPhoneImage.png

                      月が替わりまして7月。早くも蝉の鳴き声が聞こえてきました。
                      もうすぐ七夕ですね。
                      当館でも玄関先に笹のか飾りをさせていただきました。
                      紙とペンもご用意しておりますので
                      是非、ご来館の記念にお願い事を書き吊るしていってくださいませ。

                      皆様の願い事が叶い素敵な日々を過ごせますように願っております。



                       
                      【2014.07.01 Tuesday 14:46】 author : 小菅 雅晴
                      | その他  | comments(0) | - | - |
                      青梅ゼリー
                      0
                        iPhoneImage.png

                        すっかり暖かいを通り越して暑い日が続くこの頃ですが、皆様お変わりはないでしょうか?
                        夏といえば、カキ氷やアイスなどのさっぱりしたものや、冷たくて涼やかなスイーツなどが恋しい季節ですね。
                        今日ご紹介するのは今が旬の青梅を使ったゼリーです。
                        青梅はその見た目も青々として涼しさを感じさせてくれますね。
                        しかし、青梅に熱を加えるとどうしても色がくすんだ色に変わってしまいます。
                        湯がく前(上)と湯がいた後(下)を見比べて頂くと変化が良く分かりますね。
                        iPhoneImage.png
                        iPhoneImage.png

                        せっかくのいい色なのにこうして見ると味は同じとは言え見劣りしてしまいます。
                        そこで、職人のの偉大なる先人様はこの色を綺麗に炊き上げる技法を編み出し後世へと伝えて下さいました。
                        その技法を使うとこのように綺麗な青が戻ってきます。もちろん着色料を使っていません。

                        iPhoneImage.png

                        和食が文化遺産に登録されたのは耳に新しいところですが、
                        このような技術や表現力を持っている和食に携わっていることを私は誇りに思います。
                        自分のような末端の料理人でも、少しでも、和食の美味しさやすばらしさをお客様に伝えられれば幸いです。

                        日本料理の旬は過ぎるのはあっという間。青梅ゼリーが食べられるのも今だけで、この機会を逃せばまた来年です。
                        先人たちの料理への思いや、もちろん私の気持ちもたんと込めた青梅ゼリー是非ご賞味あれ。

                        皆様のご来館をお待ちいたしております。


                         
                        Check
                        【2014.06.25 Wednesday 16:04】 author : 小菅 雅晴
                        | - | comments(0) | - | - |